非常勤として働くメリット・デメリットとは?

人間関係が楽だし、好きな勤務にできる

非常勤医師で働くメリットですが、病院独特の複雑な人間関係を考えなくて良い事があげられます。病院の人間関係は院長をトップとした封建社会であり、院長や医長などの意向に逆らうと働きにくい環境です。そのため常勤医だと常に院長や医長などの顔色を伺いながら仕事をしなければいけませんが、非常勤医師だと勤務している時のみの人間関係で済むので、かなり楽にすみます。
その他にも、非常勤医師だと常勤医とは違い、基本的には自分が好きな日時に働く事が可能なので、昼間に用事を済ませる事も可能です。
外科系の常勤医だと緊急オペが入った場合には、かなりの長時間勤務を覚悟しなければいけませんが、非常勤医師だとその心配は全くないですよ。

勉強や税の申告が必要

しかし非常勤医師として働く場合にはメリットだけでなく、デメリットも考えておかなければいけないです。常勤医だと院内の医師間で最新治療の勉強会を行なっているので、常に新しい医療知識を身につける事が可能ですが、非常勤医師だとそのような関係はないので、最新の医療知識は自分で勉強しなければいけません。
その他のデメリットですが、常勤医だと税務関係は医療法人の事務所が処理するので自分で行う必要はないですが、非常勤医師だと税務関係に関しても全て自分で行う必要があります。そのため市民税を申告する時には市町村の税務課に対して申告する必要がありますし、所得税を申告する際には管轄する税務署に行き申告する必要があります。