知っておきたい!医師の採用手順

医師の採用の現状を把握しよう

医療機関における医師の採用の手順をじっくりと理解することで、転職活動にスムーズに取り掛かることができます。近頃は、常勤や非常勤など様々な雇用条件で働いている医師がいますが、中でも専門性の高い診療科目の医師の採用を積極的に行っている医療機関が目立ちます。例えば、オペ室や救急救命センターなどに勤める医師は、高度な知識や経験が必要となるため、人材の確保が難しい現状にあります。特に、経験豊富なスタッフの採用活動に力を注いでいる医療機関では、転職を希望する医師を対象に職場内の見学や説明などが行われており、恵まれた環境で働くにあたり、職場探しにこだわることが大切です。なお、実務経験をそのまま活かしたい時には、これまでと同じ診療科目を選ぶことが有効です。

医療機関の医師の採用基準

医師が就業先を見つけるにあたり、各医療機関の採用基準を十分に把握する必要があります。中でも、国内でも最先端の医療の研究が行われている大学病院などでは、経験者に限定した採用が行われる傾向があります。一方、総合病院やクリニックなどでは、院内での研修制度が整っているところも多く、経験の浅い人や、ブランクを経て再就職を希望する人であっても採用をしてもらえることがあります。
そこで、各自の実務経験の長さや資格の有無などに応じて職場選びをしたい時には、大手の医療人材の転職サイトを利用することが効果的です。最近では、経験に関わらず応募ができる医療機関も増えており、恵まれた待遇の下で働きたい人から注目が集まっています。